The same Rainbow

LOVE DREAM HAPPINESS を追いかけて

【雑記】アーティストの生き方に正解はない:LDH所属アーティストが見据える未来・パラレルキャリア

先日情報アカウントからこの記事が流れてきて、思わず目を留めた。

news.line.me

私はハイローからLDHを知ってまだせいぜい3年経つか経たないかのにわかファンなので、昔のことは分からないのだが…最初に好きになった三代目JSB山下健二郎さんは、私がファンになったときすでにパフォーマーを引退(LDHでは“勇退”という表現をするようだが)したあとのことについて語っている人だった。多分この記事以外にもあったと思う。

www.tokyoheadline.com

上記記事(2017.12.10公開)から少し引用させていただくと…。

それと、これは僕自身のことになるんですけど、パフォーマーとしてのこれからを考えていくと、いずれ思い通りのパフォーマンスが出せなくなるのが現実だと思います。もう32、2018年には33になりますしタイムリミットはリアルに迫ってきている。その時が来たときのために、自分に残されている何かを作っておくことが今の課題であり夢です。

私はそれまでジャニーズや声優さんを追いかけているオタクだったので、今まさに現役でライブツアーを回りダンスパフォーマンスをしている人がこういうことをインタビューで話すのはかなり衝撃的だった。「タイムリミット」という言葉が悲しくて、読んですぐは受け止められなかった覚えがある。
ただ、このときは「その時が来たときのために、自分に残されている何かを作っておく」と語っていた健二郎さんが今、釣りやDIYで賞をとったり雑誌に出たり、YouTuberとしてチャンネルを持っていたり有言実行しているのは素敵だなと思う。横アリで2回も単独イベント(ゲストさんはたくさんいるが)を成功させているのも健二郎さんが未来を見据えて自分の好きなことを仕事にできるよう頑張ってきたからこそだろう。

実は登坂くんも雑誌で引退について(将来的な話として)言及している。

kuraxkura.hatenablog.com

私は登坂くんの演技も好きなのだが、ご本人は将来はプロデュース側に回りたいと考えているようだ。ボーカルは作詞作曲をするメンバーも多いので、そういったセカンドキャリアを考えている人もいるかもしれない。

話をパフォーマーの引退に戻す。EXILEからMATSUさん、USAさん、MAKIDAIさんが勇退したのはそれぞれ40歳、38歳、38歳のときだった。HIROさんは43歳のときだったそうだが、なんとなくパフォーマーには“40歳”という壁がある気がする。
啓司さんとケンチさんが現在40歳、EXILE THE SECONDは今年が最後のツアーになるのではと言われている。PERFECT YEARということもあり、EXILEから年上のパフォーマーが抜けて、新たにメンバーを補充するのではという噂を聞くこともある。

特にパフォーマーは演技に挑戦することが多い。芸能界での第二のキャリアとしては一番妥当な気はする。ファンとしてもテレビで姿を見られるし、舞台に出てくれるのであればライブで見れなくなる寂しさが少し紛らわされる気もする。ただ、がんちゃんや大樹くんのように現役時代から映画やドラマにたくさん出て種まきができる人ばかりではない。がんちゃんが役者をやることについてモバイルブログなどで語るのを見るに、「必要とされることは当たり前ではない」と言っているように私は感じている。
演技の上手い下手はもちろんあるだろうが、演技派の若手俳優さん・ベテラン俳優さんがたくさんいる中で「呼ばれる役者」にアーティストである彼らがなるのはきっと想像以上に大変に違いない。
Jr.EXILEメンバーはLDHの内輪の映像作品にはよく出ているが、外向けの作品に出る機会はまだ少ない。慎くんがYouTubeドラマ『主人公』に出演して感じたのは、外部作品に出ることは想像以上に成長機会になるということだった。(上からな言い方に感じたらすみません…)慎くんは明らかにあの作品を通して役者として一段ステップアップしたと思うし、実際貴族誕生と貴族降臨での彼の演技は、プリレジェのときとはまったく異なっていた。
慎くんがすごいのは、21歳という若さで、パフォーマーとしてまだまだたっぷり時間が残されているというのにインタビュー記事でこのように答えていることだ。

「THE RAMPAGEに入る前から、EXPG(スクール)で演技レッスンを受けていましたが、当時はあまり乗り気ではなく、いつか役に立てばいいなくらいの思いでした。
でもTHE RAMPAGEに入ってから、パフォーマーは体がメインの仕事なので、けがをすることもあるし、15年後、20年後にいつか踊れなくなる日が来るな、と考えるようになって。そのとき踊り以外に武器にしたいと思ったのが芝居だったんです」と語る。

natalie.mu

これはなかなか私たち一般人には考えられないことだと思う。私で言うとデスクワークで、将来のキャリアに不安はあれど、身体的なリミットというのはほぼ存在しない。(もちろん集中力がいる仕事ではあるので80歳とかまでは続けられないかもしれないが…)会社員から会社員への転職も条件を高くしすぎなければ難しいこともない。芸能人、アーティストという生き方は、同じ人間でありながらまったく違った世界であるとLDHを知ってからより強く思うようになった。
そして、私は啓司さんの演技も結構好きで、『わたし旦那をシェアしてた』(通称『旦シェア』)ではサイコパスな役柄をかなりいい感じに演じていたのが記憶に新しい。

最初に紹介した記事では、役者以外の道を切り開いているアーティストにフォーカスしている。LDHはご存知の通り、芸能事務所だけではなく、飲食やウェディング、ファッション、そして映画などさまざまな事業を展開していて、アーティストが自分の得意分野を生かしてそれらの事業と関わっている。

LDHファンおなじみの「AMAZING COFFEE」(通称「アメコ」)を立ち上げたTETSUYAさんは、LDH kitchenの取締役でもある。アパレルブランド「STUDIO SEVEN」を立ち上げたNAOTOさんは、LDH apparelの取締役でもある。NAOTOさんはEXILEと三代目、そしてHONEST BOYZを兼任、更にはドラマや映画、バラエティにも出演して「パラレルキャリア」の代表格みたいな人だと思う。ケンチさんは、日本酒に造詣が深い方で私の地元である福井(私はお酒を飲まないので分からないのだが、日本酒が結構美味しい?らしい)の酒造に訪れたりしている。中国語が堪能でLDH ASIAの取締役でもある。LDH kitchen IZAKAYA AOBADAIのプロデュースもしている。そして舞台『魍魎の匣』で見みせたように演技もできる人なので、これまた「パラレルキャリア」の模範解答のような人だと思う。
もちろんここに取り上げたお三方以外にもアーティスト(パフォーマー)以外の道を切り開いている方はたくさんいる。もしかしたら株や不動産で利益を出しているなんて人も表に出ないだけでいるかもしれない。
みんな何かしら将来を見据えて道を開拓するというのがLDHのアーティストには根付いていて、会社もそれを推奨する(後押し、手助けもする)というのは個人的には非常によいと思う。その人の人生を思うからこそだ。

どの分野でも本業以外がその領域に踏み込んでくるのを良しとしない人はいる。たとえば、アーティストがお芝居に挑戦することを嫌う人がいるように。
私は声オタ時代、俳優さんが声優に挑戦するのが苦手だったのでその気持ちは分かるし、否定する気もない。本業一本でやっている人がいる業界へ手を広げてくる者の存在を手放しで喜べる人ばかりではないというのは当たり前のことだ。
しかし同時にこうも思う。アーティストも私たちと同じく、自分の長い人生を生きなければならない。ダンスが思うように踊れなくなったとき死ぬのではない。自分の得意なことを伸ばし、趣味を仕事につなげ、アーティストとしてのキャリアが終わっても生きるために次のキャリアを自らの手で築いていく必要がある。華々しい世界に見える一方、現実にはやはり会社員とは違うシビアさがある。

実は「自分の市場価値を上げる」というのは、普通の会社員が転職する場合でも大切だと言われていることだ。業種・職種にもよるとはいえ今は売り手市場だが、「誰でも簡単に良い条件で転職できる」ことを意味しているわけではない。「スキルや経験のある需要が高い人材に企業が殺到する」というだけだ。
必要とされる人材になるためには、スキルの掛け合わせで自分の強みを確立させるのがいいとも言われる。何かの分野でトップ(いわゆるスペシャリスト)になるのは非常に難しいし才能や向き不向きも関係してくるかもしれない。けれど、“そこそこできるもの”の掛け合わせであれば努力次第でなんとかなる。もしくは趣味と仕事を融合させてインプットもアウトプットもまったく苦にならないような状況を作り出すというのも強みになるだろう。
私はLDHのアーティストがセカンドキャリアと言わず、第三・第四のキャリアを持つ「パラレルキャリア」に挑む姿は、自分が会社員として生きる上で大切なことを考えるきっかけにもなったと感じている。今回はパフォーマーについて話してきたが、ボーカルももしかしたらリミットがある可能性もある。いつか推しがアーティスト人生を終えたとき、次の人生を楽しくまっとうしていたら嬉しいと思う。

 

2020/02/22:追記

大切なことを2つほど書きそびれていた。笑 パフォーマーが演技やそれ以外の分野でのキャリアを築くことを書いたが、ELLYはパフォーマーがマイクを持つ道を切り開いてくれた。ELLYのインタビューを読むと、最初それがどれほど困難な道のりだったかが伺える。

topics.smt.docomo.ne.jp

このインタビューを読んで、ELLYは私が思っている以上にいい意味でしたたかな人だということが分かった。「上に可愛がられる」というのはあまりみんな言いたがらないが、会社員でも大切な処世術のひとつだ。上だけではない、人間関係を良好に保つことは結果的に自分が働きやすくなったり好きなことをできたりする近道になる。
そしてELLYがすごいのは情熱を伝える、諦めない、人がやったことないことを実現するには「なぜNGなのか」「代替手段(たとえば、お金や工数がかからないやり方で)を取れないか」をとことん突き詰めて達成してしまうところにある。
多くの人はここまでなかなかできない。私ももちろんそうだ。持ち前の明るさもありインタビューではさらっとしているように見えるが、この泥臭さはなかなか大変だし真似できるものではない。
でもELLYがパフォーマーがマイクを持つことをLDH内で“アリ”にしてくれたから、後輩たちもそれができる。もちろん後輩たちの努力や情熱もあるとは思うが、先駆者がELLYじゃなければ、叶えていなければ、おそらくMA55IVE(ランペのパフォーマー5人のラップグループ)も楽曲配信までたどり着くのは相当難しかったはずだ。
パフォーマーがマイクを持って何曲か歌える時間をもらえる。これはLDHでは昔はきっと考えられなかったことだ。この場合はセカンドキャリアというよりは、両輪と考えたほうがいいのかもしれない。ダンス+ラップ、ダンス+DJなど複数のスキルをかけ合わせて見せることで自身の表現の幅が広がる。これは上で語ったスキルの掛け合わせの話につながる。すべては「自分の市場価値を高める」ことで、厳しい世界の中で生き残るということにつながっていく。

そして、もうひとつ書き忘れていたこと。それは「ボーカルであれば歌、パフォーマーであればダンスをやりたくてプロのアーティストになったのだから、“他の何か”がない者はどうしたらいいのか?」ということだ。
これは特定のメンバーのことを思い浮かべて言っているのではない。パラレルキャリアを持つためには前述したTETSUYAさんやNAOTOさん、ケンチさんのように趣味であったり情熱を傾けられるものだったりを突き詰めて仕事と結びつけていくのが一番よいように思える。がんちゃんや大樹くんのように演技仕事が来て、それにやりがいを見いだせる人はそっちに舵を切るのもいいだろう。
しかしそういったものがない場合、どうすればいいのだろうか…?というのも少し気になっている。そういう人にとってはセカンドキャリアを見据えてパフォーマー人生を全うしろというのはやはり残酷なのかもしれない。
別の記事でも書いたが夢を追いかける若者がいる一方、「やりたいことがない」「将来の夢がない」という若い人は少なくはない。(私は転職サイトを運営している会社にいるため新卒学生の声を聞くこともあるし、前職ではリクルーターもやっていたので学生と接する機会もあった)その中で夢を叶えたというのにもう1つ、2つプラスアルファでなにかを突き詰めろというのは、結構大変な気がしてくる。
これには答えがないのだが、私の場合は趣味を全力で楽しむために仕事をしているようなものなので一般人はそういった仕事選びをしてもいいかもしれない。そのへんの話はこちらの記事に書いているので興味がある方は見てみてほしい。

【舞台・イベント】ランペ5人のBOOK ACT「もう一度君と踊りたい」&映画「貴族降臨」完成披露試写会・ファンミ

2/12(水)は午後休を取って14:00からのBOOK ACT「もう一度君と踊りたい」@日本青年館ホール、そして18:00からの「『貴族降臨 PRINCE OF LEGEND』完成披露試写会&ファンミーティング」@代々木第一体育館に行ってきました~!もりだくさん!
なんと日本青年館ホールは会社から徒歩で行ける距離なので、13時過ぎまで仕事をして歩いて行きました。なんて便利なんだ。毎回舞台はここでやってほしい。笑
もりだくさんすぎて感想書けるかかなり微妙なんですが…残しておきたいので書ける範囲で書いてみます。BOOK ACTも貴族降臨もネタバレ全開なので、これから見るという方はお気をつけください。

追記:2/13(木) BOOK ACT夜公演の感想を少し追加しました。

 

ランペメンバー5人の「もう一度君と踊りたい」は“特別”だった

f:id:kuraxkura:20200213012037j:plain

私は去年、レオくん・大樹くん・陣くん・瑠唯くん・昂秀くんで演じた「もう一度君と踊りたい」を見ているのですが、今回もジェネだったりファンタだったりランペだったりとグループ混じってのキャスティングも多い中、2/12・2/13の4公演はやましょうさん、翔吾くん、翔平くん、瑠唯くんor昂秀くん、RIKUくんの5人で全員THE RAMPAGEのメンバーで構成されています。
配役は今日の公演はやましょうさんが倫ちゃん、翔吾くんがたーちゃん、翔平くんがシミ―、瑠唯くんがおがぴ、RIKUくんがごっちんでした。翔平くんは兼役も多くて、かなり楽しめました…笑 RIKUくんはタカシ兄ちゃん役もやってます。
ちなみに前見たときの感想記事はこちらです。ストーリーについてはそっちでわりと詳しく書いてるので、今回は自分が感じたことメインで書きます。

先にラストの話をしますが、最後に5人でダンスをするシーンがあるんですね、そこで前見たのとちょっと違うな~と思ってたら今回はランペ5人だから自分たちで振りを考えて(他の公演とは変えて)やったと話してくれました。
なんかそのダンスが、ランペらしいというか…これがいいか悪いか分からないですが、もう終盤は役っていうより自分そのものの気持ちでお芝居しているので、ダンスのシーンもほんとにランペの5人だなって思えて、すごくぐっとくるものがありました。5人ともカッコよかったな…そしてRIKUくん、ボーカルって言われても「うそん」って思っちゃうほどダンスがうまいな…?
物語だって分かってるんですけど、シミーが引き抜きに対して、「RINDAを辞めさせてください」って言うシーンとか、やっぱ結構辛いですよね。ランペは絶対ありえないと思ってますけど…グループがバラバラになるのってすごく辛いので。
今回私が一番しんどかったのは、RIKUくん演じるごっちんが翔吾くん演じるたーちゃんに向かって「たーちゃんは華がある。こればっかりは努力してもどうにもならないものなんだよ」っていう感じのセリフを言うところですね。なんでしんどいかは、私の中にいろいろわだかまってるものがあって、「そのセリフをRIKUくんに言わせるんだなぁ…」って勝手に辛くなったからです。笑
今回やましょうさんが前回レオくんが演じた倫ちゃんの役で、セリフ量かなり多いですし、中盤以降は自分のこととかと重ねちゃってかなり辛い部分が多かったと思うので本当によく頑張ったと拍手喝采を送りたいです。私、やましょうさんあんなに泣くんだって(いい意味で)すっごくビックリしました。台本読み進められなくなっちゃうんですよ…本当に感情を込めて演じてくれてるんだなって思いました。

今回、RIKUくんと翔平くんは演技初挑戦。動きがあるわけではないけど、その分朗読は上手い下手が如実に現れると思っています。私はそんなに観劇するわけではないのであまり厳しい目(耳)では見ないけど、みんな多忙とは言え、その中でどのくらい朗読劇に対して向き合ってきたのかはちゃんと見極めたいと思ってました。(何様目線やねんって言わないで~😂)
まず、タカシ兄ちゃん役でRIKUくんの第一声を聞いたとき「すっごい綺麗な声…!」って感動しました。歌声じゃない、セリフを言うときの声もRIKUくんの声ってこんなに素敵なんだなって。表情も抑揚もうまくて、ほんとに初挑戦…!?!?って思いました。RIKUくん、表情が一番豊かで、ちゃんと顔とか体も言葉をかける相手のほう向いてて伝わってくるものがありました。ごっちんのときはスマートさと暖かさ、他の4人よりちょっと大人びた感じがよく出ていてとてもよかった。
そんな中で終盤、倫ちゃんとごっちんが言い合いになるシーンがあるんですけど、そこでの感情表現がすごくて、やましょうさんもRIKUくんもむき出してぶつかってる感じがあって心に響きました。もしランペで意見が対立したらこんな感じになっちゃったりするのかな…?なんて思ったりして、勝手にうるうるしてました。笑
それにしても、RIKUくん結構早いうちから泣いてて、もーーー可愛いのなんのって!終盤倫ちゃんに電話で「たーちゃんが…死んじゃった…!」って言うときほんとに泣いてて、、、こちらも涙が出そうに……(;_;) RIKUくん涙もろいもんね。優しい子だもんなぁ。
最後カテコでひとりずつ一言挨拶しようってなったのに、振られても泣きすぎて自己紹介も涙声で、一言言えなかったんですよ…!!笑 泣き顔が可愛すぎて永遠に見てたかった~~~!!!あ、RIKUくんは演じてるときは下手にずっと座ってるんですが、ダンスは上手がちょっと多め、挨拶は上手でした。涙目のRIKUくん可愛いよ…明日も見れるかな……(2/13は夜公演に行きます)

そして、翔平くん。正直ランドプのとき(その前のスタライのときかな?)に不安だとか緊張するとか言ってたので、こっちも超緊張してました。笑 兼役が多かったんですが、最初の役がCDショップのおじいちゃん店員で、完全に完全燃費少女ハイジのオンジwww めっちゃ笑いました。前のときあんなところで笑った記憶ないのであの演じ方は完全に翔平くんオリジナルですよね…笑
そのあとはハマ先生(オネエ)も翔平くんで、もう、オネエ言葉自然すぎて最高でした。全然照れもなくスラスラっとやってのけるからすっごいよかったです。ああいう役って照れがあるとダメなのよね…。ランドプでいろんなキャラを演じてたのが役に立った!?笑 てか前々から思ってはいたけど翔平くんかなりいい声ですよね。普段から芝居がかったみたいな言い方するから演技初挑戦とは思えないくらい演じきってたよ…!
さて、メインのシミ―役。前は陣くんがシミ―だったので、そのとき関西弁だったんですが、今回は翔平くんということで長崎弁でした。方言いい…!!めちゃくちゃよかった!!方言であんなに喋ってるところこれまで聞いたことなかったんで、ほんとに貴重な時間でした。ありがたい。長崎弁の翔平くん可愛すぎるんだよ…!!
さっきも書きましたがシミ―は引き抜きの話のあとに、劣等感を感じていたっていう辛い告白をするシーンがあるんですが、翔平くんの演じ方とてもよかった…淡々としているようで、でも辛い胸の内を吐露する絶妙な影のある感じが出ていて。思ってたよりずっとずっと翔平くんの朗読は素敵でした。真剣な演技もちょっとふざけた演技も演じ分けられるし、なによりRIKUくんも翔平くんも声がはっきりしてて聞き取りやすいのがいいんですよね~!これはもっと舞台とかも出てほしくなっちゃうな…!
翔平くんそんなに泣いてなかったですが、ちょろっと泣いてたのが見えた(というか聞こえた?)ときあまりにも可愛すぎて抱きしめたくなった…守りてぇ……

翔吾くんはおそらく5人の中では一番場数が多いと思うのですが、たーちゃん役にぴったりでした。安定感があって、感情的なシーンがほとんどない分、逆に難しいと思うのですがしっかり伝わってきました。
自分が死んでもう1回同じ日を繰り返す、でも死ぬ運命は変わりない…それが分かってからの静かな、やるせない、でも前向きさもなくしていない…それらを表現した演技がすごく好きでした。
瑠唯くんは前回もそうでしたがセリフがちょっと少ないんですよね。。でも父が脳梗塞で自分が店に立たないといけないという話をするあたりは、前よりずっとよかったと思いました。シミ―の連れなので長崎弁を喋ってたのも可愛かったですね。笑

前回同様今回もモニターがあるのでしゃべってる人はドーンと映るのでバッチリ見えます!!みんな結構いろんな表情してたな~。本当にランペ5人でやってくれて嬉しかったです。RIKUくんの演技が見たいっていう夢も叶って幸せでした。RIKUくんのいろんな姿が見たいんだ~!!!本人がNoではないならドラマとかもいつか出てくれると嬉しいなぁ。とか欲張ってみますw
今日はL列の中央寄りの上手ブロック、明日はO列の下手です。今日よりもうちょい後ろか~~~あんステをB列下手(ブロック最前)で見たときマジで夢みたいだったのでBOOK ACTも良席で見たかったぜ!!!でも明日は自名義で行きます…

 

追記:2/13(木)の夜公演見てきました。

ランペメンバー5人での「もう一度君と踊りたい」を1公演目と4公演目見ることができて幸せでした。この短い期間のたった4公演の中でも彼らは成長していたし、変化していました。
今日の夜公演は最後ということもあってか、みんなの熱の入り方が一段とすごかったなと…毎公演あの熱量で演じるの本当に大変だったと思うのですが(特にやましょうさん)私たちに全力で伝えようとしてくれている姿に本当に心打たれました。
じーんとする場面はたくさんあったのですが(主に5人の演じてる姿に)今日は最後の挨拶が熱かったですね。RIKUくん、私が見た1公演目は泣いて喋れなかったのが、今日はたくさん気持ちを言葉にしてくれました。「ボーカルでありながら、今回演技に初挑戦させてもらって、緊張や不安もあったけど、自分にはこんなに素敵な仲間やスタッフさんやこうして来てくれてる皆さんがいる」っていうのを丁寧に伝えてくれて。
少し話がズレますが……先日、私がちょっと前に書いたRIKUくんについていろいろ思いを連ねた記事をTwitterで取り上げてくださった方がいらっしゃって、少しだけ皆さんの反応とかも実はこっそり見ました。笑
私はあんまり友達がいないので(その中でも仲良くしてくださったり、構ってくださるフォロワーさんにはほんとに感謝しかないです)ああいうことをリアルに話す機会ってほとんどないんですが、皆さんなんかしら思ってることはあるんだなぁ…とちょっとうれしかったです。RIKUくんについてたくさんのファンの方がいろんな思い…というか、愛を持ってて、もちろん私のあの記事に書いたことが正しいとか間違いとかそんなのは分からないんですけど、みんなRIKUくんが、スリボが、ランペが大好きな人たちなんだな~~~!って勝手に感動してました。
なんかそういうこともあって、RIKUくんが今回BOOK ACTで演技に初めて挑戦して、その場に立ち会えて(4公演とも行けたわけではないけど)可能性をまた広げたRIKUくんの姿がファンとして誇らしくて、きっとそういう経験って歌にも絶対生きてくると思うので(登坂くんが演技経験してから歌もいい意味で変わったと言われたっていうのをどこかで言ってた気がする)今後がますます楽しみです。
あと、ここで言うことじゃないかもしれないんですが…私が一方的によくTwitterとかインスタとかを見させていただいている方(界隈では有名な方なので皆さんフォローしてるかもしれませんが)が、スタライで「みんな本気でやってる・頑張ってる・全力で取り組んでると言いながら、それを本当にできている人って少なくて、どっか自分や他人に言い訳して生きてる。でもBOOK ACTを見て、RIKUくんは本当にそれらをやり遂げている人だというのが伝わってきて、朗読がうまいかどうかは分からないけど、本気の姿だから最後の挨拶に心を打たれたんだと思う」というようなことをおっしゃっていて(すみませんほんとはもっとスマートな言い方してらっしゃいました…ニュアンスです…)、うまく言語化できていなかったものがスッと落ちてきた気がしました。
RIKUくんを見てると自分のダメさ加減とか、ぬるさとか…悪い部分がめちゃくちゃ見えすぎてたまにしんどいくらいなんですけど。。笑 泣き言言ってねぇで頑張らんとな!!!ってめっちゃ思わせてくれる存在でもあります。
翔吾くんの挨拶も熱かったですよね。皆さんに伝えたくてつい力説してしまいましたって言ってたけど、そういう気持ちで舞台に立ってくれたことがすごくうれしいです。昨日親が見に来てましたって言ってたから、より親の偉大さについて考えたのかもしれないですね。
そして今日モニターにアップになった翔平くんの泣き顔が可愛すぎて(涙が伝った瞬間が…!)ちょっとたまらんかったです。何あのきれいな泣き顔…!!!翔平くんまた演技やってほしいな~(*´ェ`*)
「もう一度君と踊りたい」をランペで見るのをすごく楽しみにしてたから終わっちゃうと寂しいなーって気持ちが強いですが、次のランペ現場は月末のRMPG東京公演!それまで仕事頑張ろう~~~!

 

情報量が多すぎる!映画「貴族降臨」と最高すぎるファンミ

f:id:kuraxkura:20200213012214j:plain

f:id:kuraxkura:20200213012110j:plain
入場者にもらえるポスカとムビチケ、あとTシャツも

もうねーーーちょっとファンミの感想から先に言いますね!!!私今日南1階のEの11列目で、外周とアリーナBとCの間にある花道のちょうど角にあたるくらいの位置だったんです。(チケット譲ってくださった女神様、本当にありがとうございました…!)
代々木は2階の上方をDa-iCEで2回入ってたので1階席って近いな~この花道来たら結構近いな~くらいに思ってたんです。
そしたら登場時からランペ4人が花道歩いてきて超近いし、壱馬くん美人すぎるし…!!!樹くんも美しすぎるし!!!北人くん可愛すぎるし!!!慎くんかっこよすぎるし!!!っていう大渋滞でした。心臓痛い。
ファンミ内容も相当面白かったんですけど(レポ細かくしてくださってる方がいるのでそちらを是非見てください…)(人任せかーい)最後、ほんとのほんとに最後、もう21時30分近かったと思う、そのくらい最後に片寄くんが『Possible』歌って、なんと樹くんと慎くんがダンスするっていうね…奇跡かよ……
で、このとき南側の花道角に樹くんが立って、「もしかしてここで踊るん!?!?」ってパニックになってたらダンス始まって、死
ほっっんとにカッコよかった…見えすぎて…怖い…11列目であんなに見えたなんてもっと前方の人生きて帰れたかな???あの距離であんなにしっかりダンス見たの初めてかもしれないです。しかも藤原樹ひとりをロックオンして(思わずフルネーム呼び捨て)。衣装がFNSでいつメリ歌ったときのスーツと似てて(同じ?)ビジュアルが1億満点くらいあったんですよ。しなやかなダンスが似合う似合う、怖い、ほんとに怖い。私30歳過ぎててよかった…若かったら恋してるよあれは…あんな美しい顔とダンス間近で見せられたら落ちるよね。笑
花道からステージに戻って、片寄くんの両隣でダンスするいつまこが見れるなんて…奇跡すぎて明日もファンミ行きたくなりましたもん。なんで体1つしかないの???慎くんは反対側だったからあんまり見れなかったけど、モニターに映った姿がカッコよすぎて大変でした。いつまこビジュアルがよすぎる。
映画の感想書く時間がない!!!ともかく北人くん推しの人は絶対見たほうがいいです。北人くんが可愛すぎるんだ……!てかランペのプリンス4人好きな人は絶対見たほうがいいです。最高です。私はめちゃくちゃ楽しめました。
いつものごとく直後に連投してた感想ツイート貼っておきます。(ツリーにいくつかぶら下がってます)

撮影OKタイムがあったんですけど、せっかくかずほくのすれ違いイチャイチャと、かずまこのラブラブを(横からだけど)捉えたのにiPhone SEの限界が……くそっ…

最近撮影いいよーっていう時間設けられてること多いんで、本気で早くスマホ買い換えないと。。3月出るSEの後継、カメラ性能はどうなのかな~。
いろいろ書きたいことまだたくさんあるけど12日半休取った上に13日また少し早めに帰ることになるから早めに行かなきゃ……また追記できそうだったら足しておきます。ほくよせの抱きつき&「好き」って言ったり、メンディー猫をあやす樹くんがイケメン過ぎたり、まこっちゃんまだしゃべってないからって言って順番回してあげる北人くんが男前だったり、塩野くんにフルーツ食べさせてもらってもぐもぐしてる壱馬くん可愛かったりいろいろ…盛りだくさんなんだよ…!

そうだー映画の楽しみにしてたところ、北人くんの『Ti Amo』めちゃよかった~。思ったより短かったけど、しっとり素敵な歌声で…♡なんならイベントでかずほくで歌ってくれないかしら…(ひとりでイベントで歌うのは緊張しそうだから)多分明日の様子って円盤に入るかLDH TVでちょっと流れたりするよね???LVあるし。
BOOK ACT5人とプリンス4人にわきまくった1日でした。あー楽しかった。また仕事頑張らないとね!!!

 

余談。
帰りに渋谷のTSUTAYAも寄ってきました。ファンタのアルバム発売記念の大きなパネルとバリの新曲コーナー見てきました!

f:id:kuraxkura:20200213012244j:plain

f:id:kuraxkura:20200213012248j:plain

f:id:kuraxkura:20200213012252j:plain

f:id:kuraxkura:20200213012257j:plain

f:id:kuraxkura:20200213013044j:plain

f:id:kuraxkura:20200213013049j:plain

今日はほんとに1日LDH三昧でした~~~笑

【ライブ】THE RAMPAGE LIVE TOUR 2020 "RMPG" 静岡(day2)の叫び

2/6(木)はTHE RAMPAGE(以下、ランペ)のTHE RAMPAGE LIVE TOUR 2020 "RMPG" (以下、RMPGツアー)静岡2日目に行ってきました!!!
前の記事読んでいただくと分かるとおり、もう最近ほんと…仕事がうまくいかなくて、いろいろぐっちゃぐちゃになってて。そんな2/4(火)の夜「ランペの静岡公演に行きたい」と思い立ち、Twitterで譲っていただけることになり、翌日上司と先輩に「突然ですが明日休みます」と決定事項を伝え、無事にこの目で見届けることができました。

f:id:kuraxkura:20200207010034j:plain
写真は全然関係ない、ホテルで並べて撮ったやつ。袋から出せばよかった…笑

このあと行こうと思っている方、ぜひネタバレなしで見てほしいです。私は今回1日目の感想をほとんど見ないようにしてたので(ちなみにTwitterに感想やレポを投下してくださる方々のことをめちゃくちゃにありがたいと思っているのでそこは誤解なきよう…!!)今日すべてが新鮮で楽しくて幸せで、もう何度も書いてると思うんですが「ランペを好きになってよかった」って心から思いました。
ということでがっつりネタバレ感想書いていきます!感想っていうかタイトルのとおりただ叫んでるだけです!笑 初見、途中放心してたところがある、すでに記憶がやや曖昧…なので間違いもあるかと思います。そのあたりご了承くださいませ。

 

ステージと見え方の話

画像が出回ってたと思うのでいまさらですが、エンドステージ+センステで、THROW YA FIST(以下、TYF)のときより花道は半分くらいに短くなっていました。平日ですがスタンドの上のほうまで満席だったと思います。ライトが綺麗でした。
今日の席はE(上手側)のスタンド前列、センステのほうが近い位置でした。背が低いためスタンドでも運が悪いと見えにくい身ですが、今日はめっっちゃ視界がよくて本当に本当に感謝しかなかったです…あんないい席に入れるなんて…(´;ω;`)
ボーカルタイムがセンステなので、ボーカル推しの方はセンステ近くを取ると幸せかもしれません。陸くん推しの方はぜひ上手側をおすすめします。詳しくはのちほど。ただ、今後も同じ配置かは分からないので違ったらすみません。。
今回花道がアリーナBあたりまでなので、今日の会場(エコパアリーナ)でいうとアリーナDはちょっと身長によっては厳しそうでしたね。。とはいえセンステもまあまあ高さがあるから見えないってことはないと思いますが…あれセンステ正面の最前列とか曲によってはめちゃくちゃメンバーが来るので本当に最高だろうな~~~ぎゅーって16人集まってきたとき、あの位置で見たら倒れそうです。笑
少しずれますが、エコパアリーナ今日初めて行って、愛野駅からめちゃくちゃ遠いのかと思いきや、遊歩道もあるおかげで全然余裕でした!ヤフオクドームのほうが遠い気がする…w 建物自体すごく綺麗で、入口付近の街灯が幻想的で素敵でした。ちょうど夕暮れどきに会場に向かって、少し欠けた月が浮かんでいたのも美しくて。会場着いただけでそんな幸せな気分になるってランペのパワーすごい…!笑 寒いのが好きっていうのもありますけどね~いやでも風が冷たかった。

 

本編とアンコール(の印象に残ったところをざっくり)

順番おかしいんですが、先にこれを言いたい。

 

王子様衣装(呼び方)が!!!
本当に!!!やばい!!!

 

RAISE THE FLAGツアーで三代目が着てた軍服系も大好きだったんですが、今回のランペは本当に王子様……♡まさかランペがああいう衣装を着るとは思ってなかったのでテンションが振り切れました。だって、スカイブルーの生地に金色(だった気がする)の装飾って…爽やかすぎる…みんなめっちゃ似合ってるのぉおおお カッコよかった…!!!
陸くん髪の毛伸びてきたからより似合ってたよ。でも1番似合ってたのはやっぱり藤原樹王子だな…モニターに映った姿があまりにも美しすぎてどこの国のプリンスかと思った。ああいう服着せたらLDHいち似合うんじゃないでしょうか。
どんな感じか参考画像ないかなーって探してたら、2018年12月31日の紅白歌合戦のKING & PRINCEの衣装がちょっと似てるかも。あそこまで柄(?)が派手ではなくてもうちょいシンプルで、メインカラーが白ではなくてスカイブルーって感じです。
あーもう早く円盤欲しい……(まだツアー2公演目です)

で、この衣装ね、着てただそこに立ってるだけでも黄色い声援を送っちゃうくらいツボだったのに、この衣装着て『One More Kiss』『Nobody』『So Good』は本当に死人が出る。しかもOMKは演出がほんっとにエグいねんーーーなんなん!?!?ランペいつのまにこんな大人の色気たっぷりになったん!?!?おばちゃんついてけんけど!?!?って混乱しまくってました。
OMK、まず始まる前の映像、スリボが女性とちょろっと絡む映像なんですよ!!!もーーーそれが、最高of最高で…陸くんほんとにやばいんです……表情と仕草がセクシーすぎるよ…!!!陸くん推しの人死なないでね…私崩れ落ちかけて、お隣の席のチケット譲ってくださった方のお友達に「大丈夫ですか」ってちょっと支えていただきましたもん…😂あのときはありがとうございました…(ここで言うても)ああいうのもっと見たい!!!でも阿鼻叫喚になると歌声聞こえなくなっちゃうから、今回みたいに始まる前の映像にしたのは正解だったな~。
その映像のあとPerfumeが使いそうな立方体のアクリルの箱(どういう表現)にボーカル3人が入って登場して、中見えんようなったり見えたりっていうのを演出で変えてて、中にカメラが構えててTYFでいう『LA FIESTA』のときみたいにめっちゃアップで撮ってくれるんですよ。好き。OMK初めてライブで見れて嬉しかったし、あの衣装だし、演出神だし…!OMKはなんか北人くんのイメージなんですよね。可愛いのにセクシーさもあってずるい子だわ~~~♡
からの『Nobody』ね。a-nationとはまた全然違った雰囲気でした。このあたりほんとに怒涛の展開すぎて、てか、『All day』からヤバかったのが息つく暇もなく最高に最高を重ねてくるからパーンですよ。許容量が。ほんとに全部ハイライト…どこもはしょれない、どこも瞬きできない。
あ、『All day』といえば、モニターに日本語歌詞が出てたんですよ!!!私のなんちゃって歌詞と比較したい(もとい公式の正しい歌詞を見たい)のでどこかに載せてくださらんだろうか……。それにしてもこの曲好き、ほんとにいい曲。LIVE YEAH!!!のライブでも思いましたが、改めてじーんとしちゃって。
そして『So Good』やっと生で聞けました。嬉しい。一番この曲が待ちに待ってた。陸くんの歌声がさいっこうに輝く曲!!!もちろんスリボそれぞれがめっちゃいい!!!ランペのボーカルが北人くん、壱馬くん、陸くんでよかったなぁ。こんなに聞いてて気持ちよくて、幸せになれる歌声を持ってて、重なったら何倍もより素敵になって…気づいたら泣いてた。なんか陸くんがブログで書いてたこと(いくつか前の記事参照)を思い出して、「あなたはこんなに!!!努力して!!!素晴らしい歌を届けてくれてる!!!」ってよく分からん気持ちになって。。笑
どの曲か忘れてしまったけど、箱にボーカルが入ってるところへパフォーマーが1人ずつ入ってくんだけど、壱馬くんのところに慎くん、陸くんのところに翔吾くん、北人くんのところに樹くんで「これ考えた人分かりすぎてるな!?!?」って感動しました。なにあの人選…エモすぎでは……

このあたりの印象が強すぎて、序盤がちょっと記憶が遠のいてきてるんですが(最初の衣装思い出せない……)初っ端に『FULLMETAL TRIGGER』やってくれて、そのあと何曲かやったあと、MA55IVEが登場!!2曲やってくれて、そこがまた、最高に熱いんだわ…盛り上がりすぎてそこですでに体力持ってかれましたねw
『Determined』よすぎやなーーー!!!TYFでももちろん最高やったけど、今回のもまたグレードアップじゃないですけど、さらにさらに勢い増してて楽しすぎました。MA55IVEはさっそく将吉さん・CrazyBoyのライブのオープニングアクトで横アリ立つみたいなので(しかもバリの3人と!!!)これは絶対行かねばならん。行こう。

『Starlight』はTFYとは違うアレンジ。今回もよすぎる。語彙がないのが悔やまれますが、沁みるというか…パフォーマーも3人しかついてなくて(確か)、しっとりと…しっとりっていうか涙ちょちょぎれてましたけどね。音源でも好きですけどライブで聞くと比じゃないくらい感動する曲です。
この曲だけじゃないですが、今回もライティングが神がかってたなぁ。たまアリとか横アリほど派手ではないけど使い方がすっごいよくて…ぱぁって明るくするタイミングとか、レーザーみたいに刺す感じとか、どれもめちゃくちゃよかったです。

ボーカルタイムの話をします。センステにバンドメンバーが出てき楽器セッティング。スリボのトークが可愛くてめっちゃよかったところ。壱馬くんが「元気があればー…」って猪木さんのものまねしかけて「やっぱやめよ。笑」ってとめたら陸くんが「元気があればなんでもできるー!」ってちょっと顎のシャクレまでやってw それ見て壱馬くんが「キャラ近いかもね」って感じで返して「こら!笑」って陸くんが…!!!ああああ壱陸のこういうのほんとにたまらん……!
そのあとだったか、確か陸くんが「小さい子とかもいるからFRIENDLY&CLEANで楽しみましょう」って言って、壱馬くんがマナーについて少し話した当たりで「あんまり言うと黙れって言われちゃうんで。笑」って言ったら、陸くんが「そんなこと言うと……」って手を広げる?ポーズして、「二人は俺が守る!そのために鍛えてるんだから!!」って!!!可愛すぎかよ!!!笑 「そのために鍛えてるの!?」「心強い」だったか「頼もしい」だったか壱馬くんがちょっと笑ってましたw
あとメンプロの話しもしてた。陸くんが「壱馬のメンプロつけてるよー。リハのときから」って嬉しそうに見せてて、そしたら北人くんが「俺のはー?」って感じで聞いて「それはお家のベッドに置いてあります」と陸くん。「一緒に寝てるんですか?」って壱馬くんが聞いたら「ほくちゃーんってやってます」って返した陸くんに「それは気持ち悪い。笑」ってほくちゃーん!!!笑 あーーーいっしょうワチャワチャしてて欲しい…可愛い…幸せしかない空間だった…

ボーカルタイムの話っていいながらMCの話しかしとらんw ここでは『Can't say Goodbye』と『Only One』を歌ってくれました。この選曲は…また泣かせにきてるぜ……!キャンセイは前ほどバラードアレンジではなく、もとのトロピカルハウスに近い(近いっていうかあれ原曲のままだったのかな…)のでやっぱりこの曲も好き~~~ってなりました。『Only One』は……ぐっと来ますね、やっぱり。
陸くんのピアノで始めるから、3人が目合わせて、カウントとって始まって。そのあとも視線交わすところが本当に尊すぎて…あああ…ちょうどモニターに壱馬くんが陸くんを優しげな目で見てるところが抜かれて、オタクはまた崩れ落ちそうになりました。壱馬くんと北人くんは回る椅子(スツール?)に座ってたんですが、くるくるするだけで歓声が上がってて「???」ってなってたのが面白かったです。笑 客席のほうも向いて歌ってくれてたの素敵だったなー。
そうだ。冒頭で陸くん推しの方は上手側をって書いたのは、ピアノを弾く陸くんがセンステの下手側に座って上手側を向くからです。今日の席は最高の位置だったぜ…

ここまででもう0時半ですよ。今日静岡に泊まってるんですけど朝イチで東京戻ってそのまま出社(か1回帰るか悩み中…)なのに!!!でもテンション上がりすぎて全然寝られなさそうだがな!!!
書きたいことまだいっぱいある…DJ-Shoheyのこととか、パフォーマーのHIP-HOPのところとか(仮面外していくのマジでかっこよすぎた)てかさーーー今日やましょうさんマジでビジュアルさいっこうの最高でしたよね!?!?いつもかっこいいですけど、今日はなんか…なんだろ……綺麗…?セクシー?髪型がマジで好きすぎる。
パフォーマータイムといえば!!!龍くんですよ!!!カッコよかったぁあああ なんていうんだったか忘れてしまったけど、DJじゃなくて、いろんな音がプリセットされてる電子機器を操作してリズムとメロディ作るやつ(伝わるのか)指がすらっと長いからすっごい様になってて…!みんないろいろ特技をみにつけてくな~素敵です。
そうそう。翔平くん、髪の毛ちょっと短くなったのかな。それともヘアセットのせいかな。なんにせよDJのときの黒の衣装がまーーーカッコよすぎてたまらんでした…!!!なんなん…可愛いと思ってたのに、あんだけカッコいいなんてずるい聞いてない!!!笑
あ!!!MA55IVEの衣装かな…昂秀くんスタイルがいいから真っ赤なセットアップスーツが死ぬほど似合ってて叫びました。あっれはやばい。あれ着こなせるの多分昂秀くんだけだわ……。んで、健太くん、モニター抜かれて口に指当てた仕草だったかな~カッコいいとセクシーとエロが同居しててこれもまた叫んだ。はぁあああほんと若い男の子っていいなぁあああ!!!(落ち着いて)
瑠唯くんのソロ、やばくなかったですか。扇子持って舞うの似合いすぎ…めっっっちゃ素敵でした…やばいやばい!!!ってなりましたもん。
あとあと『Move the World』はメインステージでやると思ったら、まさかの花道にズラッと並んでのパフォーマンスでめちゃくちゃわきました。新鮮だったー!最初陸くんがセンステの先端に立っててよく見えすぎた…腰振りほんとにエロいです最高……♡笑
どの曲で衣装チェンジしたか忘れちゃいましたが、スリボがそれぞれ毛皮のコート羽織ってて超絶カッコよかったです。3人のオーラが半端ない。でも暑かったのか陸くんは早々に脱いでました。ただ下が白だったかのシャツで、それもまたカッコよくて、結果全部最高。今日ほんとに陸くんにわきまくりでした。

終盤かなぁ。陣陸が花道で肩組んでて「ぎゃー!!!」ってなって、そのあとメインステージ戻ったあともなんか肩くっつけて寄り添ってて(?)陣陸のオタクは魂が抜けました…👼今回しょへいつは全然絡みがなくてちょっと寂しかったです。今回はどうやらほくいつ推しらしい。。笑 自撮りふうのところでアップになったほくいつ、顔がよすぎてどのメンバー推しかに関わらず全員叫んでた気がしますw
本編最後の曲は『Welcome 2 Paradise』でした。大好き~~~!ステージに「W2P」のでっかいオブジェクトが置かれて可愛かったです。ああいう演出もするんだなー。ジャケット羽織ってない子用にしなっと下からジャケットを吊るしたスタンド(?)出てきたの面白かったですw 陸くんイエローのセットアップスーツが世界一似合うよ…!

パフォーマーMCで、やましょうさんが言ってたこと、すごく素敵だったんですよね。だいぶニュアンスになっちゃいますけど「PERFECT YEARは遊園地だと思ってもらうといいかもしれないです。開催されているライブとかはアトラクションだから、全部に絶対行かなきゃダメってものではないし、でももちろんたくさん行って楽しんでもいいし」っていう感じで、結構長く話してくれてたんですよね。
PYはお祭りだからそれぞれの楽しみ方でいきましょうって感じがよかったなー。やましょうさんの言葉、やっぱりとても好きだな…と改めて。最近昼休みゆっくりできなくて(毎週月曜昼休みにご飯食べながら山活聞いてたのに~!)ちょっと聞けてないのでまたちゃんと聞こう。

アンコールで歌った洋楽のカバー?はランペが日本人でカバーするの初なんですって!!すごーーーい(*´ω`*) イントロ聞いたことあったけどああいう曲だったんだな。JUMPってめっちゃ言ってたし、メンバーも飛んでて楽しかったなぁ。
そう、私本当はアンコール前に出てそのまま新幹線で神奈川帰ろうと思ってたんです。でも先輩が「せっかくなら泊まって最後まで見てきたら?」って言ってくださって、きゅうきょホテル取って。ラスト『Seasons』なので聞けてよかったです……(;_;) パフォーマー13人が階段に座って、口ずさんだり、聞き入ってる感じの姿がモニターに映るたびぐっと来ちゃって。歌詞全部好きですが、今日聞いて「まだ続く夢抱えてる」がめちゃくちゃにいいなぁと…。
今回、正直なところ前のアリーナツアーであるTYFがあまりにもよかったので(私がランペに落ちたライブでもあるので思い入れがあるし)それを超えてくるだろうか?って心配してる部分もありました。期待値が高くなると、がっかりすることもあるし、ツアーの最初のほうって完成しきってない感じが出る場合もある。でもランペはそんなこと1ミリもなかった。超えるとか超えないじゃなくて、別の最高を見せてくれたって思いました。
「あ、こういうランペもあるんだ」とか「こんな魅せ方もできるグループなんだ」って新しい発見もあったし、満足度がめっちゃくちゃに高かったです。TYFたまアリで感じた、楽しい!!!っていう気持ちと同じ気持ちをまた味わうことができるなんて、こんなグループ他になかなかないんじゃないかなぁ。本当に幸せでした。

公式Twitterの写真よすぎてな……カメラマンさん、タイミング最高です…!(翔平くんだけwww)

 

余談。

今日チケットを譲ってくださったお二方、私よりずっと若くて、可愛らしいお嬢さんたちで。いつもぼっちが多いので、いろいろお話していただいて楽しかったです。
ランペもそうだし、バリもなんですが、若いファンの子にほんとよくしていただいてるなぁって感じてます。お菓子いただいたので明日の朝ごはんにします!!
サングラスも無事に引き換え完了。ただ、スタンプラリー探すの完全に忘れてました。あとTRIBE CARDの1万円分の売上票も……東京公演ちょっと早く行けるといいなぁ。

f:id:kuraxkura:20200207010234j:plain