The same Rainbow

LOVE DREAM HAPPINESS を追いかけて

【ライブ】a-nation 2019『Nobody』初披露!大歓声に包まれたTHE RAMPAGEのステージ

今日は大阪のヤンマースタジアム長居で開催されたa-nationに行ってきました!THE RAMPAGE(以下、ランペ)が出る夏フェスにどうしても1回は行っておきたいと思い…!

a-nation.net

大阪は前職で出張でめちゃくちゃ行ってたので心理的距離はすごく近いんですよね。あと友人が大阪に引っ越したので、録画をお願いしてた「ギュッとミュージック」のランペゲスト回も見てきました。笑
昼過ぎくらいにタイムテーブルが発表されて、ランペの出番は18時10分ごろということで、もともと見たいと思っていたINTERSECTION、THE BEAT GARDENTRFも見れるように16時着くらいを目処に会場入りしました。
野外だったんですけどスタンドCゲート側は日陰で炎天下には晒されずにすみました。ありがたや…!反対側は死ぬほど暑そうでしたが。。
今回も独断と偏見だらけのライブレポ(と呼べないただの感想)を書き残しておこうと思います。23時半くらいに帰ってきて書いてるのでほやほやです。

 

大歓声に包まれたTHE RAMPAGE圧巻のステージ

明日普通に仕事ということもありランペのステージが終わったらすぐ帰ったので、あとのことは分からないのですが(倖田來未さん見たかった…!)ランペの登場時、パフォーマンス中、とにかく歓声がすごかったです。見てた中では最高だったかなと。
私スタンドの着席指定でちょうど周りにランペファンがいない席だったので(東方神起さんのファンの方が多かったです。絶対数的にも多かったと思いますが)あまりの歓声に隣の親子も前のカップルも「えっ?えっ?」ってなって周り見渡してて面白かったです…笑 ふふふ…こんなすごいグループがいるんだぜ!的な!(誰目線なの)

ランペの出番は予告通り18時10分ごろ。ステージは遠かったですが隣が2席空いてて見晴らしが良く、モニターも大きいので肉眼でフォーメーション見ながらモニターでアップも追いながらできて良い席でした。

セトリを追いながら感想を少し。暑さと熱さとランペへのパッションでもはや記憶が曖昧なので間違ってる箇所があったらすみません…。『Lightning』とともにステージ中央から24 karatsの真っ白な衣装に身を包んだ16人がせり上がって登場して、もうめちゃくちゃにカッコよくて…!頭がクラクラ(塩飴を舐めるw)して初っ端からヤバかったです。今日こそ持ってきたフラッグから布の部分が外れて飛んでいくんじゃないかと思いました。笑
とりあえず第一印象。アップになってた記憶のある子だけ。壱馬くんサングラスだー!北人くんビジュアル最高すぎる…作画が神…(三次元とは思えない造形)陸くん短髪だと男前度が高すぎてアップになるたびに死にかけるから…!リキヤさんすでに前がはだけてるよ色気がすごい。健太くんビジュアルよすぎでは…?もしかしたら北人くんの次くらいに歓声上がってたかも。
そして、翔平くんほんとカッコいいのに可愛いの…なんなの……沼すぎて怖い。。笑 今日翔平くんばっかり追ってた気がする~だって可愛いんだもん…(もん)

続いて『HARD HIT』でしたが記憶があまりない。登場と『Lightning』でテンション上げすぎて頭がオーバーヒートしてました。完全に。スタジアムで見るランペ輝きすぎてたな……幸せ空間だった…
からの『LA FIESTA』きたー!!ってなって、スタジアムで聞く『LA FIESTA』が最高of最高すぎて持参したフラッグを振る。後ろの人の邪魔にならないよう振る。エーネのうちわも控えめに振る。気持ちが高ぶってしゃーない!ほっんとにこの曲大好きだなぁ…と改めて思いました。あとでモバイルブログ読んだら緊張したって書いてる子もいましたが、メンバーの表情が超生き生きしてて、キラッキラしてました。汗もキラッキラしてました。終始ほんと暑そうだった…!

短いMCを挟んで、壱馬くんが少し含みのある言い方をしたので、もしかしたらあるかも?でもないかも?と期待でドキドキだったところに……『Nobody』初披露来ました…!!この瞬間に立ち会えただけで神奈川から来た甲斐があったよー😭歓声がすごすぎてみんなが待ち望んでいたことがよく伝わってきました。揺れた?ってくらい歓声上がってた。気がする。
左右に分かれて交互に(だったかな…?)ダンスするところがめっちゃよくて。振りよかったな〜そしてスリボの歌も本当によかったな~。色気がすごかったよみんな…その若さでその色気、どうすんの今後…おばちゃん心臓持たないよ!!!笑
スタジアムに響き渡る『Nobody』はあまりにも素敵で、フラッグもうちわも一切動かすのを忘れてました。感激しすぎて少し涙ぐんでました。RIKUくんも北人くんももちろんすっごいんですけど、『Nobody』はやっぱり壱馬くんの独壇場だな~~~彼は本当に…やりおる…!
胸がいっぱい過ぎて暑すぎて倒れそうになりつつ(別に体調は良かったけど)なんとか一命をとりとめました(?)

そして、『Can't Say Goodbye』へと続きます。夕焼け空と少し風が出てきた会場はまるで夕暮れの海辺みたいで…これ以上キャンセイが似合うシチュエーション&ロケーションてなくないですか!?最高って言い過ぎだけど最高なんです…!って感じでした。
あとで気づいたんですけど、私TYFのパフォーマンス(RIKUくんがピアノ弾いてるアレンジのバージョン)しか見てなかったのでオリジナルのバージョンの16人のキャンセイって初めて見たんですよ!!もっともっと目と耳に焼き付ければよかった。すっごいよかった…目が6つくらい欲しかった…。
そして『WELCOME 2 PARADISE』へ。やっと生でパフォーマンス見れたー!嬉しい。嬉しすぎる。ジャケットじゃないけど!笑 ステージが広いので横一列のラインダンスとっても映えてましたね。ここで「解けない魔法」を歌いながら壱馬くんがサングラスを外して「キャー!!!」がすごいことに…!あれは叫ぶわ。やられるわ。ほんとよく分かってる人だな~~~ニクいな~~😍
昂秀くんソロがちょっと遊び心プラスされてましたね!あれ中継ではどう映ってたのかな?モニターにもうまく抜いてもらえてなかった感じだったので。

そして『Fandango』、『The Typhoon Eye』、『100degress』とガンガンに盛り上げて駆け上がっていきました!!怒涛過ぎて…楽しかったな…終わってほしくないって心から願いました( ;∀;) みんなもう暑いのとテンション上がったのとかなんかで上裸だったり前はだけてたりで目の保養~笑 RIKUくんブログにも書いてたけどマジで汗がすごくて…!水分補給しっかりしてね…!という気持ちになりました。
どことはもう覚えてないんですけど、途中でめちゃくちゃカメラに抜かれまくる翔吾くん。何回抜かれたかな?カメラさんファンか??はだけて黄色い悲鳴が上がりまくる。可愛さと色気の同居です。けしからんもっとやってください。
慎くんなかなか抜かれなくて、抜かれたと思ったら壱馬くんと肩組んでた(よね?)のでかずまこ好きはみんな倒れました。笑 そのあと?か前?か忘れたけどひとりでもちゃんと抜かれてました。
アップになった樹くんの腹筋が美しすぎて悲鳴がめっちゃ上がる。笑 いやあれはキャーなるわ。思わずキャー言うたもん。腹筋もだけどね、顔がね、本当にいいの。ご存知かと思いますが。ダンスを見ろっていう気持ちも分かります。それも見てるはずなんだけど、顔が良すぎて記憶が上書きされていく……挑発的な笑顔、ずるい…!
そして今回陣さんがめっっちゃよくて、いつもいいけど、今日雄感?なに、漢度?とにかくめちゃくちゃイケてたんですよ〜〜〜!!オラオラした感じが割増されてたというか。ほんとカッコよかった…!
やましょうくんは顔があんまり見えなくて(ヘアバンドかなんかしてた?)カメラさんもあんまり抜いてくれなくてショボーン。カメラさんもっとまんべんなく映してください!!!でもカメラワークは結構よかったです!!(上から)
偏った感想ですみません…アップになるのがまず結構偏りがあるのと、目が足りないんですよね…。CS映ったらすぐ契約するのに!録画しておきたかったなぁ。

そして10/30に2ndアルバム発売の情報解禁がありましたー!!!壱馬くんが言ってくれたんですがなんか聞き取りづらくて、帰るときにTwitterで知りましたw その場でキャーってなりたかった。でもあんまりみんな聞き取れてなかったのかも…という気もしました。てっきり10/2のシングルの告知かと思ったんですよね~。10月とかCDとか言ってた気がしたので。まあでもなんにせよ嬉しい!!これからもランペを全力で応援してにわかファンからややファンくらいになるぞ!

帰りの新幹線で余韻にひたりつつ、帰ってきてからも日帰り大阪で疲れて眠いはずなのにやっぱりライブって最高!!っていうアドレナリンがまだ出てるのか元気です。笑 次にランペに会えるのはハイロープレミアムライブかな。8/24にニコ生ありますけど!また仕事頑張ろうっと(*´ω`*)

帰ってきて部屋でうちわのライトつけてみた。笑 今日も大活躍だったRIKUくんのメンプロバッグといつものタオルと一緒に。全然見えないので普通にも撮りました。

f:id:kuraxkura:20190819005613j:plain

f:id:kuraxkura:20190819005641j:plain

 

あとで見返す用に関連ツイートやレポなど貼っておきます。Twitterでふぁぼっても一瞬で流れてしまうので。

 

 

モニターに映ったこの画がほんとに強くて最高だったな…めっちゃアガった。みんなが集まってカメラにオラオラしてるのカッコ良すぎるんだよ~~~!

 

いつか単独で立ってください…!!16人という大人数はスタジアムでも迫力のステージになるし、3人の歌声をあの広い空間でまた響かせてほしいです。
そのためにも……ファンは彼らを応援して、笑顔でいてくれるような振る舞いに努めましょう。悲しませる真似はしないとみんなが心に誓いましょうよ。もうメンバーにマナーについて書かせるようなことはやめにしたい。
少しでも近くで見たい、近づきたい、気持ちは分かります。でもマナー違反ですし、彼らが困ってるなら、ぐっと堪えることも必要です。きっと大多数の人はきちんとマナーを守って応援しているのに、一握りの人の行いでイベントやライブが中止(までいかなくても減ることも)になったら…悲しすぎます。
彼らが、アーティスト活動をすることが楽しくて、私たちファンと会うのを楽しみにしてくれる、そしてお互い笑顔になれる、そんな世界になってほしいです。

 

ああ…ほんとはTRFもめっっっちゃ楽しかったので感想書きたかったけど時間が…!全曲当たり前に知ってて、全部完璧に歌えます。それくらい大好きなTRFをスタジアムで見ることができてさいっこうに幸せでした。YU-KIさんの歌声素晴らしかったなぁ…。

 

そして新たな沼の予感のグループに出会ってしまいました。THE BEAT GARDENです。シューティングアクトだったので2曲だけでしたが、めっちゃよかったんですよ…うまかったし、楽しそうに歌う様子が印象的で。帰ってきてすぐ『花火』をダウンロードしました。『B.E.T』はApple Musicにはなかったので買うかな~。

thebeatgarden.com

Twitterで何気なく感想をツイートしたら公式アカウントとファンの方からめっちゃふぁぼいただいてしまって。熱心だ…!!こんなところは読んでないと思いますがありがとうございました。彼らのパフォーマンスをまた見れる日を楽しみにしています!

twitter.com

【雑記】平成の一大事は三代目JSBもといLDHにハマったこと<振り返りpart3>

もう8月半ばも過ぎたというのに平成を振り返る記事ですみません。笑
part1part2で三代目のアルバムは最後までいったので、この記事は番外編ということでEXILE THE SECONDとTHE RAMPAGEとBALLISTIK BOYZの楽曲についてまた勝手な感想を書いていこうと思います。※音楽にもダンスにもなんにも詳しくないド素人の感想です。

早々にまず謝らないと(?)いけないことが…私SECONDさんのファーストアルバム聞いてないことにこれを書こうとして気づきました。。
1stアルバムは『THE II AGE』というタイトルで2014年に出てます。収録曲を見ると知ってる曲も多いですが、アルバム聞いてないのに選べないので保留にします!ただ、ダントツで『HEAD  BANGIN'』が好きなのでこれが一位は確定です。笑
そのあとの2枚は購入しているので今回も自己満ランキングやっていきますよー!

 

EXILE THE SECOND 2ndアルバム『BORN TO BE WILD』

SECONDさんのツアー“ROUTE6・6”のために3rdを買って、同じときに2ndも買ったって感じですね。なので聞いた順番的には3rdアルバムのほうが先です。
選ぶために改めて聞き直してますが選ぶのが難しい…!転職してから仕事中音楽聞けるようになったんでランペ全曲シャッフルかSECONDさん全曲シャッフルが多いです。それくらい何回リピっても飽きない曲が多いなぁと思います。

No.1:RAY
No.2:Step into my party
No.3:Going Crazy

ゴリゴリな曲が好きちゃうんかい!と言われそうなんですが、『RAY』が異常に好きなんです…。特に「英雄ではないけど…」って入るところがたまらなく好きで。
『Step into my party』と合わせて多分完全にライブの影響。すっごい幸せな気持ちになった記憶が残ってて。ROUTE6・6は結局現地2回、LV1回行ったんですが1回目の現地が横アリでめっちゃいい席だったんですよ…(当社比)近いっていうより見やすい位置というか。そこの光景がまだなんか残ってるんですよね~。
No.3は『SUPER FLY』と迷いました。『SUPER FLY』はMVが好きっていうのもあって、今回は『Going Crazy』のほうを選びました。テンションめっちゃ上がる。
次点では『WILD WILD WILD』かなぁ。この3つ単語並べるシリーズ(言い方)もやっぱ好きですね。
将吉さんもねっさんもゴリッゴリの低音ボイスから綺麗なバラードの高音まで歌いこなしが素晴らしくて何でも似合ってしまう…罪なボーカルだわ……!笑

 

EXILE THE SECOND 3rdアルバム『Highway Star』

これもまた悩みました……!そういえば初めてSECONDさんをテレビで見た(ちゃんと認識した上で)のは『Summer Lover』を音楽番組で披露したときだった気がします。あれを最初に見たので爽やかなグループかと思ったら大人の色気あふれるアダルティーなグループだったよ!!笑

No.1:花鳥風月
No.2:Last Goodbye
No.3:On My Way

ゴリゴリな曲がry これ選んでて初めて認識したんですけど、私SECONDさんはバラード好きなんだわ……かなりレアケースですこれ。バラードだけど静かな中にも、お二人の声のおかげでエモーショナル&パッションを感じるからかなぁ。すごく心にグッと来ますよね。アコギの音が好きというのもあるかも。
『花鳥風月』はもう、こういう音が好きっていうのが真っ先に来て(イントロの音とか)和風っていうのかな…?ちょっと民族音楽じゃないけど、独特な楽器の音が好きなので選びました。
ちなみにハイローアルバムでのトップ5には選びませんでしたが『ASOBO!』『One Time One Life』もかなり好きです!!それぞれDOUBTのテーマ曲、九龍のテーマ曲ということもあってかーなーりダークでカッコいい曲ですよね。『ASOBO!』みたいな曲をかっこよく歌えるのはさすがとしか言いようがない…!(何目線)
SECONDさんのライブにまた行きたいなぁ。もうSECONDさんで単独ライブはないのかな……ちょうど先日WWWツアーの映像を貸していただいて見たんですが、すっごいよくて…!ROUTE6・6もよかったですが、WWWも行ってみたかった~~~!タイムスリップしたい!笑

 

THE RAMPAGE 1stアルバム『THE RAMPAGE』

2枚組なので5曲選んでます。1位以外は結構悩みました。選曲というか順番が。

No.1:LA FIESTA
No.2:Can't Say Goodbye
No.3:Over
No.4:Knocking Knocking
No.5:100degrees

他の記事でも語ってるのでまた同じこと言ってるよっていう内容も含まれるかもしれませんが、あの、このアルバム素晴らしすぎませんか…?2枚組すべて良曲。アルバムとしてのバランスが最高。頭から終わりまで2枚分すべて通して聞きたい。ファーストアルバムにしてベストアルバムなのでつまりはシングルカットされた曲&カップリング曲が全部いい曲だってことですけど。(新曲も含まれていたとはいえ)
今ではすっかりランペのファンなのでただの贔屓に聞こえてしまうかもしれませんが、楽曲とボーカルのマッチ具合というか、音楽的魅力が飛び抜けて高いグループだなと思います。誰一人顔と名前が一致してないグループの曲だけ好きになって、アルバムも早々に聞くってなかなかなくないですか…!?単に私の好みど真ん中っていうだけなのかもしれませんが。笑
選んだ中ではトップ3が頭ひとつ飛び抜けて好きな曲ですね。この3曲、作曲家さんが同じなんですよ!!さらに『One More Kiss』も!こんないい曲ばっかり作れるだなんて怖い…!!笑 好きな曲ランキングは『THROW YA FIST』『WELCOME 2 PARADISE』含めてランペの全曲の中から選ぶってなるとまた変わってきそうではあるんですが…!
No.1~4に選んだ曲はファンの中でもかなり人気の曲ですよね。No.5は『FRONTIERS』と悩んだ末に『100degrees』に。『100degrees』は開始の「Damn... we on fire」の壱馬くんの声がめちゃくちゃに好きなんですよね。全体的に重いリズム刻んでて響く感じなんですが、サビあたりは結構高音でそのギャップがすごく癖になります。爽やか系の曲ももちろん好きだけど自分の好み的に選んだらこんな感じになりました。
あと今回の趣旨とはズレますがダンスは『HARD HIT』と『Fandango』が好きです。早くTYFツアーの円盤出してください…(毎回言ってる)
そういえば「この子たちの音楽的な部分のルーツってなんなのかな~」って思ってたところにLIKIYAさんがメインパーソナリティーのラジオ「RAMPAGE DOPE STATION」を聞き始めて、なるほどなるほどと思う部分がたくさんあって(もちろん16人全員の細かいルーツが分かったわけではないんですが)これからもそういうのたくさん語ってほしいですよね。私は洋楽全然分かりませんが。。笑
ランペってオリコンでまだ1位を取ったことがないんですよね……今もうCD売上で測る時代ではないのは承知なんですが、1回は1位取ってほしいなぁ( ;∀;) でもCD売上に影響ある(かもしれない)のに、先行配信してMVもほぼフル尺で見せてくれるLDHは本当にすごいです。登坂くんだけではないかもしれないけど、先輩たちの努力の結果でもあるんでしょうね。ありがたい。

 

BALLISTIK BOYZ 1stミニアルバム『BALLISTIK BOYZ

7曲なんでそこから3曲選ぶのは…と思ったのですが一応選んでみました。どの曲もいいので僅差って感じなのですが。

No.1:Blast Off
No.2:Pasion
No.3:Baddest Fire

『Blast Off』がダントツで好きです。迷うことなく。(僅差って言った直後にw)なんでこの曲だけこんなに好きなのか自分でもよく分からない。笑 でも多分この曲まだライブで披露したことないですよね…?『Baddest Fire』は砂田くんメインで歌う部分が多いから好き……あ、いや、曲自体大好きなんですよ!!
バリの曲もほんとかっこいいですよね~!そのカッコよさが凝縮されてると個人的に思ってるのが『Pasion』です。初めて聞いたのはドキュメンタリーっぽいMVが公開されたときだったんですが「え、これ…まだデビュー前の子たち?マジ?すごすぎん???」ってなりました。そろそろ新曲もお願いしたいところです。7人とも歌うんで可能性が無限大です。
ちなみにBOTの6曲の中ではファンタとバリが歌っている『SHOCK THE WORLD』が一番好きです!あの曲もすっごい癖になるんですよね~バリとファンタのタイプの違いがめちゃくちゃいい感じのコントラストになっていて…!あんなにあの2つのグループが合うとは思ってなかったなぁ。

 

番外編:PKCZ(R)『360°ChamberZ』

番外編の番外編。このアルバム、めっちゃ好きなんですよ…!これも良曲しかない。PKCZっていろいろ好みかどうかってあると思うんですが(三代目のライブのこととか。。)個人的にはかなり好みですね~。仕事中だるーんってなったときに気合い入れ直すために聞いたりします。笑

No.1:ROAM AROUND
No.2:T-REX
No.3:World is Yours

これジェネとのコラボ曲(1位に選んだ曲)ずるいですよね!!いい曲過ぎるもん…絶対みんな好きでしょこの曲…!!他の曲とちょっと傾向が違うのもアルバムの中のアクセントになってていいですね。『T-REX』は1曲の中で曲調の変化がたくさんあって好きです。なんかめっちゃかっこいい…アガる…語彙がないすみません…。『World is Yours』もそうですけどCrystal Kayさんの声が最高なんです。
これ一応順番つけたけどあんまり差がないし、選べてない曲も好きな曲ばっかりで。改めて聞いててどれもかなり好きですね。ラップとラップ以外のバランスが良いんだよなぁ。私ラップのみっていうのはそこまで好んで聞かないのですが、ラップが入ってる曲はめちゃくちゃ好きです。

 

さて、part1~3まで自己満で好きな曲を選んで語ってきましたが、自分の好みの方向性はよく分かりませんでした!!笑 あんまり共通点はないような気がしますね~。
そういえばLDHの楽曲の中で歌詞に注目して世界観も好きだなーとなるのはランペくらいで、他はメロディとかリズム(ノリ?)とかで選んでるかもしれないなと今思いました。SECONDさんはバラードは歌詞も見てますが。
それは全然ネガティブな意味ではなくて直感で好きになる曲が多いって意味です。ずっと純正(?)のJ-POPばっかり聞いてたのに洋楽テイスト取り入れてるLDHの楽曲をこんなに好きになるのって不思議なんですが、聞く機会がなかっただけで元々音楽は結構なんでも好きなタイプなのかも…?

【舞台】方南ぐみ企画公演 朗読劇『青空』翔吾くん・樹くんそれぞれの“大和少年”

f:id:kuraxkura:20190816234433j:plain
公式サイトはこちら

8/13(火)と8/16(金)は朗読劇『青空』を見てきました!8/13は翔吾くん、8/16は樹くんが出演していて、どちらも見ることができてとても嬉しかったです。
自分ひとりの力では1回も見れなかったので(先行落ちて諦めてた)感謝感激です…( ;∀;) 先着で取ったのに10列目以内で見れたのも幸運…!目と耳に焼き付けてきました。

どんな物語かというのを『青空』公式サイトから抜粋させていただくと

今夏、動物を愛する全ての人に贈る青春物語。
この物語は犬と猫の気持ちが言葉となります。
彼らの本音にクスリと笑ったり、涙したり、心が豊かになったり、温かくなってください!
お国の命令に背いて戦中を生き抜いた少年と犬と猫の物語です。

【あらすじ】
少年の遊び相手は柴犬と野良猫だった。
時代は太平洋戦争真っ只中。
物資不足に陥ったお国は庶民に「家庭で飼育している犬と猫を差し出せ」と命令を下した。
愛国心に満ち溢れていた少年だったが…芝犬と野良猫の命を助けたいと願った―。

公式サイトより

ちょうど昨日8/15は終戦記念日でもあったので、このタイミングでこういったテーマの物語を観劇できたのはすごく意味があったのかなと思います。
以下、そんなに観劇慣れもしていない上に動物飼ったことないせいか泣きもしない冷たい女の個人的な感想をつらつら綴っておきます。笑 あくまで個人的見解ですし、良い悪いを言いたいわけではないのでご了承ください。そしてストーリーのネタバレありです。

 

ストーリーと戦争というテーマの作品について

このお話ですごくいいなと思ったのが、戦争がテーマであるにも関わらず、メインの登場人物の人間も動物も死んでいないところです。
事前情報何もなしに見に行ってたので、なんとなく「あーこれは戦争で人間または動物が死んで泣かせるやつかな…」と思っていたのがいい意味で裏切られてよかったです。しんどいシーンもありますが、最後は全員が再会してハッピーエンドで終わるので前向きになれるかなと。
ちょうど少し前に『この世界の片隅に』をテレビで見てかなりしんどい気持ちになったのと、戦争がテーマの作品にもともとちょっと苦手意識があったのですが『青空』は戦争の中でもこうやって生きて、絆を育んで…っていう友情や愛情、家族愛をそこまで暗い気持ちにならずとも感じることができました。
ちょっとだけ違和感を抱いてしまったところは、ストーリーじゃなくて終わったあとの動物の声(?)みたいなスライドですかね…動物を飼ったことがないので「犬や猫って本当に人間大好きって思ってんのか?」とか「もっと遊んでくださいとか思ってんのか?」となんかいろいろ疑問に思ってしまって駄目でした。。単にああいう演出が苦手なんだろうな…。喋れないものに人間の気持ちを当てはめる的な。まあ本筋には関係ないんですけどね!
全然余談というか自分語りですが、中学の修学旅行で広島の原爆ドームに行って、高校の修学旅行で沖縄のひめゆりの塔と平和祈念資料館行って、大学で鹿児島の知覧(特攻隊が飛び立った地)に行って…と戦争について触れる機会は少し多かったのかなと思ってるんですが、どうしてもやっぱり段々風化してしまうんだろうなっていう気はしていて。戦争体験者の方に話を聞ける機会も減っていくだろうし…。
だからこそっていうわけではないですが、若い子たちがどういうキッカケでもいいので戦争について考えてくれるのはいいことだなと思っています。(ってなんか上からだけど、私も考えないといけない側ですね。。)

 

翔吾くんと樹くん、それぞれの大和少年

キャストの組み合わせがいろいろある中で、翔吾くんの回と樹くんの回を狙ってチケットを取りましたが、ストーリーは同じでも印象は全然違って驚きました。
二人は同じ役(大和)を演じたので必然的に比べる形にはなるんですが、トータルして演技は翔吾くんのほうが好みだったかなと思いました。朗読劇なんで基本は声で演じるわけですが、少年の天真爛漫さを表情や動きでも結構表現していて、引き込まれるシーンがいくつもありました。感情の込め方がうまいのかな。
あともともとのタイプもあるんでしょうけど少年役が似合うんだこれが。笑顔が本当に可愛くて…!その可愛い部分とお父さんへ厳しいセリフを吐くシーン、軍国主義に従わねばという自我と麦(犬)・小太郎(猫)とともに生きたいという感情のせめぎ合いや葛藤などのシリアスさとのコントラストがハッキリしていたのも良かったです。
声も聞き取りやすくて、やっぱり翔吾くんの演技はこれからももっと見たいなぁと改めて思いました。

樹くんはプリレジェでの演技しか知らなかったので(ファン歴が浅いので無知ですみません。舞台や朗読劇も既にやってますよね。)「朗読劇のイメージがまったくわかない…」と直前まで思ってたんですが、始まってみると「あ、こういう表現ができる人なんだ」といい意味で驚きました。
少年役ということで想像より声が結構高め&無邪気な感じが出ていて、翔吾くんとはまた違った雰囲気でしたがそれはそれでよかったなと思いました。特に幼少期の演じ方が個人的には意外で「そうか、樹くんはああいう声の出し方や表情もするのか…」といろいろ発見がありました。樹くんも笑顔が可愛かったなぁ。
やや滑舌が気になる部分も無きにしもあらずでしたが、特に麦と小太郎とのやり取りのシーンはすごくいいなと思う場面も何回かあって、やっぱ動物飼ってるからなのか…!?

翔吾くん回のキャストさんは猫役の凰稀かなめさんと、犬役の梶原善さんがめっっちゃよくて。それぞれのお芝居はもちろんですが、掛け合いが本当に息ぴったりで笑っちゃう部分がたくさんありました。シリアスの中のいいスパイスになっていて、和みましたし2匹の心の繋がりが見えた気がして本当によかったです。
樹くん回の犬と猫のやり取りを見て(普通によかったんですが)翔吾くん回のお二人めっちゃよかったんやなぁ…と思えたのでやっぱり複数公演行くっていうのは大事ですね。
語り手は樹くん回の升毅さんのほうが好みで、役のときと語りのときとの演じ分けがとてもよかったです。大和のお父さん役のときの声を荒げるシーンの感情の爆発のさせ方がすごいな…と。逆に(?)松原さん役のときはヘラヘラっとした感じとか犬と猫の話してるのが分かるよ~っていう適当な感じとかが好きでした。

というかこれを書くために改めてキャストさん見てたら、去年のキャストさん&組み合わせのページを発見しまして。喜久子さんと平田さん回めっちゃ見てみたかった…!あと猪野くんがいる回がある!!!櫻井圭登くんも!!!うわーーー見たかったな…!他にも気になる方がチラホラ。って去年だとまだ2.5俳優さんよく知らん時期だな。。笑
キャストさんでだいぶ印象違うので、もうちょっといろいろな回見てみたらまた感想も変わってきそうですね。

 

これは完全なる余談

朗読劇を見に行ったので本来あんまり言うべきではないのかもしれませんが、じっくりあんな近い距離で見ることってなかなかないので書き残しておきます。
翔吾くんてランペというかLDHの人に囲まれてると小柄で可愛い感じなのかなって思うんですが、普通の人(筋骨隆々ではないw)の中に居るとすごくスタイルがいいというか…ちゃんと男の人だな…!!という感想を持ちました。(なんつー表現だ)
私断然長髪派なので翔吾くんと陸くん同時期に短髪にして悲しかったんですが、翔吾くんの短髪&赤っぽい髪色めっちゃ似合ってました。最高です。手のひらクルーです。
あとね、お顔が綺麗……イケメンっていう表現が適してるか分からないけど、とてもカッコよかったです。「あと10歳若かったら恋に落ちてる、危ない」って思いましたね(?)。上にも書いたけど笑顔が本当に素敵すぎました。

そして樹くん……あの、綺麗すぎて、見れない…笑 ちょうど座った位置が樹くんの位置(椅子が4つあるうちの左から2番目)のほぼ直線上だったので、最後の挨拶のときとかまっすぐ前見てると視界に入ってるんじゃないかっていう錯覚をするような位置だったんですが、あまりにも整いすぎてまっすぐ見れなかった…綺麗すぎて怖い……
白いシャツと黒のパンツっていう超シンプルなカッコなのにあんだけオーラがあるのってすごいですよね。座ってるときもですが立ったときの存在感がすごかったです。
笑顔は年相応かちょっと幼いなって思うくらいなのに、クールな表情はマジで心臓に悪いです。樹くん推しの方って心臓が強いな…私見つめられないわ…恐れ多すぎて。いや、誰に対しても恐れ多いんですけど、藤原樹は別次元だ。(思わず呼び捨て)
彼の武器はあのクールさ&絶世の美人さだと思うので、ぜひいつかサイコパスっぽい役をやってみてください…はい、ただの私の好みです。笑

あ~陸くんも舞台とかやってくれないかな~~~(それが言いたかったのでは)

なんかいろいろごちゃごちゃ書きましたが翔吾くん、樹くんそれぞれの回を見れて、すごく嬉しかったですし大満足の2公演でした!!次の現場は8/18のa-nation@大阪!楽しんできまーす(*´ω`*)